タブー視されなくなっている葬儀の話題

亡くなった遺体を埋葬し、花を捧げるという葬儀の原点は、ネアンデルタール人までさかのぼると言われています。

仏式の葬儀以外にも選択肢がある現代の葬儀

タブー視されなくなっている葬儀の話題 亡くなった遺体を埋葬し、花を捧げるという葬儀の原点は、ネアンデルタール人までさかのぼると言われています。これは、人間が他の動物たちと異なっていたという証拠としても認識されています。親しかった人が動かなくなってしまうという事態に心を痛め、人間は人間として進化してきたのかもしれません。その後、人間社会は様々な発達をし、発展を遂げますが、生き物として必然である終わりは必ずやってきて、葬儀という形で送り出されるということに変化はありません。

日本人が現代、一般的に認知されている形態で葬儀を行うようになったのはそれほど昔のことではないようです。多くの家庭がお寺にお墓を所有していることもあり、仏教と葬儀は切り離せないものだと考えている人も少なくはないでしょう。しかし、この仏式の葬儀の歴史というのは、わずか100年程度しかないと言われています。先祖代々の墓などとよく言われますが、古くても明治以降に建てられたものがほとんどだそうです。また、この仏式で行っていると考えられている葬儀は、仏教だけでなく、日本独特の神道や無意識に生活に根差している儒教の教えなどが混在した独自の形態となっているとされています。そのため、これから葬儀のことを考えようとしている人は、一般的な仏式の葬儀以外にも選択肢があるということを知っておいても良いかもしれません。

Copyright (C)2019タブー視されなくなっている葬儀の話題.All rights reserved.